絶え間なく続くGoogleアルゴリズムに悩む人は多いのではないでしょうか?

これを書いている僕もその一人で、WATAKO LTDというサイトで「SEO対策」なんてことを提唱している割に、某サイトが壊滅状態に陥っています。

(僕は公表しているサイトを含め数個をオウンドで管理しています)

ざっくりいうと、今のGoogleアルゴリズムを考察すると下記のことが現状、大事だと言えます。

  • 重複コンテンツがサイト内にないかどうか
  • 無意味な長文SEOコンテンツ対策をしていないか
  • アンカーテキストで低品質な被リンクを送っていないか
  • ドメインに権威性はあるか
  • 内部リンクは整っているか
  • サイトがテーマ特化しているか

僕もトレンドブログらしきもの、ランニング特化のもの、某アフィリエイトサイト等々を運営していますが、上記は完全にできているわけではありません。

なぜか?

まず、ドメインの権威性という部分で多くの人が引っかかるからです。

例えば、トレンドブログをしている or していた人にとって、2016年までは「スピード」が肝心でした。

要はインデックスの速さ=情報の正確性と判断できる部分があり、しかも一度順位が固定されれれば、手動ペナルティや自動ペナルティを食らわない限りは、上位表示は容易かったわけです。

それが今は、いくら情報が早く、いくら記事質が“いい”と自己判断しても、インデックスさえされにくいのが現状です

僕も以前は、リアルタイムでバズれば10,000人近くが訪れるサイトを運営していましたが、今はむしろ「SEO対策」というものが無価値に近くなってきています。

バズれば数千、常時リアルタイムも100~200程度、アドセンスだけで※※万円/月は稼いできた僕が思うに、これからのブログでの副業の新規参入は、従来の方法でやると失敗 or 本当の小銭程度の収入にとどまるのが現実でしょう。

 

なので、これからブログ運営で副収入を得たいという人は「雑記型」よりも「特化型」を推奨します。

 

◆トレンドブログ崩壊へ!2018年SEOは雑記型の弱点を大いにつく

まず、トレンドブログは崩壊の一途をたどっています。

僕もトレンドブログらしきものを運営していますが、PVも収益も最盛期の半分以下になっている状況です。

「不労所得」としては上出来なのでしょうが、中にはトレンドブログで生計を立てている人も多いでしょう。

ただ、2018年はトレンドブログでのアクセス稼ぎは無意味に近くなってきています。

前出のように「インデックスが難しい」「ドメインの権威性」という点はありますが、「重複コンテンツ」という点にヒントがあります。

重複コンテンツが多いブログだと、Googleは「低品質なコンテンツ」と見なす傾向があるように思えます。

これはカテゴリー・タグといった「枝の部分」のみならずに、今のGoogleアルゴリズムのAIが「根幹部分」のサイト構成での重複コンテンツを低評価するようなアルゴリズムになっている状況だと言えます。

そもそもトレンドブログはすでに「減少傾向」なのが、権威性、インデックスの遅さなどもありますが、「情報の正確性」をAIで徐々に学習している点があります。

例えばトレンドブログに多い「釣りタイトル」で内容はスカスカだと、書くだけ時間の無駄になってしまうこともありえるでしょう。

また、Aというブログがあったとし、トレンドブログで様々なことを書き続けることで「一貫性のないサイト」とみなされる可能性があります。

Bという芸能人のスクープがあれば、Cという芸能人のスクープ。また、恋愛系が特に顕著で、恋愛系と言えば「読み物としての短いコンテンツ」「重複性が高い」ということから、一つ一つの記事が評価されていた時代から、そのサイトにある「一つの恋愛キーワードでの記事」が評価される仕組みになり、記事数を稼げばサイトアクセスが増えるという時代が終わってしまったわけです。

 

◆特化ブログならば「稼ぐ」ことができる!?

「特化ブログならば“稼げる”」とは言いますが、“稼ぐ”の定義は人それぞれです。

50万円が“稼ぐ”の定義でもあれば、副業としてブログを始める人であれば5万円が“稼ぐ”の定義かもしれません。

稼ぐ「答」を言うことはできませんが、今のSEO対策のヒントとして言えるのがこの「特化ブログ」なわけです。

「特化ブログ」とは何かと言うと、例えば僕であれば「Runjoy!(ランジョイ!)」というサイトを運営していて、ランニングに特化したブログです。

ただの日記のような感覚で書いているものなので月間PVが10万にも満たないサイトですが、アドセンスだけで「サラリーマンのお小遣い」程度の収入があります。

逆に雑記型ブログは、知り合いの方のPVなどを拝見するに「もう今後はない」という数字になっています。100万PVあったサイトが、今は4万PVになっています(自動ペナルティもあるでしょうが…)。

RPMが300円程度と言っていたので、月に30万あった収益が、今では1万円ちょいということですね。

雑記型はしばしば“更新性”を迫られ、しかもスピード性が求められていたものの、情報の不正確性が問題視され、Googleのアルゴリズムによって今は簡単に弾くことが可能です。

その点、「特化ブログ」ならば、ある程度放置していてもPVがあります。

ただし、その「特化ブログ」において、アフィリエイトは“狭き門”であることに変わりはありません。しかも今の時代は、ユーザーが身近にネットに触れることができ、アフィリエイト自体が「悪」という考えを持つ方が多いです。実を言うと、僕も物販アフィリはあまり好きではありませんw

であれば、特化ブログでも「物販アフィリ向け」にしなければよいのです。

Googleが提唱しているように「良質なコンテンツ」というのは「ユーザーのためのコンテンツ」であり、第三者目線かつ、自分独自の経験をユーザーに届けることができるブログが評価されていくというのは、これからも不動でしょう。

 

釣りが趣味なら「釣り」のブログで月に2~5万円程度なら可能です。おいしいビールどころか、5万円あれば何度も居酒屋にいけますし、釣り道具も購入できます。

僕のようにランニングが趣味の人は、2万円あれば新しいシューズが一足買えます。

美容が好きな女性ならば、美容特化ブログでお金を稼げば10万も可能です。ただし、10万円はGoogleアドセンス+物販アフィリが必要かもしれません。

 

◆ブログの書き方はわからなくても大丈夫!?

副業の一つの選択肢にYouTuberという選択肢もありますが、顔出しが苦手な人はブロガーで大丈夫です。

また、YouTuberは今、かなり収益を上げるのが難しい状態です。一定数の登録者&評価の部分&再生時間なども考慮され、Googleアドセンスの広告が表示されない仕組みだからです。

ブログも同じで「Googleアドセンスの審査」自体が今は難しい状態です。

ともなればここで宣伝になるのですが、サイト設計から文章作成までは僕にお任せいただいても大丈夫ですw

そこは半分冗談ですが、ブログの書き方は分からなくても大丈夫。要は「習うより慣れろ」というのが、ブロガー界では常識のようです。

また、書くことが好き、何かを発信したいという人にはうってつけ。

2018年のSEO対策にも通じますが、結局は「特化ブログ」であれば自分の言葉で執筆でき、しかも自分自身の考えを発することができます。

もちろん“稼げる文章”を書くことができる人には才能もありますが、千里の道も一歩からです!

 

簡単に稼ぐことができないブログ収入ではありますが、例えばGoogleアドセンスで月に数万円であれば多くの人が可能です。

「副業の始め方」をブログで考えている人は、まずはブログ開設から始めてみましょう。

・独自ドメイン

・レンタルサーバー

を使い、自分にプレッシャーをかけて“贅沢三昧”できるように頑張ってみてくださいね。