法人と除いても、個人で100万円以上のアフィリエイト事業を展開している人も少ならからずいます。

今や、Google Adsenseのアカウントを取るのも苦労する時代になってしまいましたが、アフィリエイトで成功している人の特徴としては、ある一定の共通点はあります。

◆アフィリエイターは「諦めない」

90%以上のアフィリエイターが、月間に8,000円以上も稼ぐことができていないようです。

たとえばGoogle Adsenseであれば、RPMが200-300円だと、毎日のPVが1,000でも月間の収益は良くて9,000円。

ちなみにGoogle Adsenseが振り込まれる最低金額は8,000円なので、毎月振り込まれることがないというアフィリエイターも多いんです。

中には、まさに文字通り「三日坊主」でアフィリエイトのコンテンツ作りを諦めてしまう人も。

ただ、本当に稼いでいるアフィリエイターは「諦めない」という気持ちがかなり強い傾向があります。

 

◆軌道に乗っても時給100円?アドセンスで副業している人の狙い

アフィリエイト事業においては、人それぞれ稼働時間が違うでしょう。

2000文字書くことを30分でこなすことができる人もいれば、4時間かかる人がいるのも事実。

ただ、アドセンスだけに着目して、一日2,400円の収益だとすると、時給は単純にいえば100円。

ちなみに一日の収益が2,400円の場合、RPMが240円でも10,000PVがあることが条件です。

そして、2,400円/日の収益であれば、月間30日でようやく72,000円。とても本業で暮らしていける金額ではありません。

ただ、「アルバイト」をするよりも「好きなことをして稼ぐ」という意識が強いアフィリエイターが多いので、時給や労力以上に、副業での達成感や収入を得る容易さを感じる方も多いです。

正社員として働いていても、自分の好きなお小遣いを使うことに苦労する人も多いはず。

ただもし、アドセンスだけでも数万円あれば、少しの贅沢が許されますよね。

 

◆結局アフィリエイターが稼ぐには「コンテンツづくりの継続」が基本

どんなに才能のあるアフィリエイターでも、知識や知恵、経験がある方でも「継続」なくしてアフィリエイトで利益を上げるということは難しいです。

特に、最近のGoogleアルゴリズムを見れば、継続のないコンテンツは検索順位も下落傾向があります。

とはいえ、毎日プアなコンテンツを更新すればいいかといえば、一概にはそうも言えません。

「楽しく・ユーザー目線でコンテンツを届ける」という意識が、まずはアフィリエイターに求められることともいえるでしょう。

 

アフィリエイターの収益についてのまとめ

ただ、この「継続」自体がかなり難しいこと。

毎日終電ギリギリで帰宅して、PCの前で2000文字はおろか、1000文字のコンテンツを作るということ自体ができないという方も多いでしょう。

とはいえ、お金を得るにはそれ相応の「パワー」や「リスク」が必要です。

自分でコンテンツを作成するか、外注するかはご自身の長期的な視野にかかっているともいえます。